クレジットカードのショッピング枠を即日現金化する為の口コミ比較サイト

最終更新日:2018年10月17日

即日現金化が可能な2つの方法

即日現金化できるものと言えば、まずはクレジットカードのショッピング枠です。

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があり、キャッシング枠はショッピング枠の中の一部です。このキャッシング枠が空いているうちはその範囲で現金の借入が行えますが、それを使い切ってしまった後でも残ったショッピング枠を現金化することができます。

これにはクレジットカードの現金化業者を利用します。
形式的には通信販売で商品を購入し、その商品の購入特典のキャッシュバックを受けるという形で現金化を受けます。購入代金の7~8割程度の現金になると考えてください。

この現金化される割合は、利用する業者や購入金額によって変わりますが、特に業者はどこを選択してもそれほど大きく違うということはありません。7割を最低の目安として、それより上であれば、その購入金額ではどの業者を利用しても大して変わるものでもないと思ってください。
ですが、中には5割や6割などと足元を見てくる業者も存在します。そのような業者を利用しないように気を付けてください。

この時の代金は、もちろん後からクレジットカードを利用した分として、カード会社から請求されます。
例えば10万円のショッピング枠を現金化して8万円の現金を手に入れた場合、請求される金額はそのまま10万円です。この2~3割程度の差額が発生しても、どうしても現金が必要な場合にはこのような方法があります。

そして、その他の即日現金化が可能な方法として、ブランド品などを売却してしまうという手があります。

売却によって現金化できるものは何もこのブランド品などに限りませんが、手っ取り早く現金を手に入れるには、持ち運べる程度サイズで価値のあるブランド品、もしくは金券などの売却がおすすめです。

最近ではブランド品の買取店は駅前などを中心に、街中に多数存在します。持っていくお店によって査定額が結構違うことも多いですが、一般に確立されている有名ブランドであれば、それほど大きく変わることはありません。あまりお店を選ばなくても、そのブランドによる相場の範囲で買取を行ってもらえます。

また、そのような買取店では金券も取り扱っていることが多いので、有名デパートの商品券やビール券、各種のプリペイドカードなども現金化することができます。
このような金券類は、換金率が概ね決まっています。特に有名デパートの商品券は額面の95%程度で買取をしてもらえることが多く、そのまま使用しない場合には現金にしてしまった方が便利だと言えるかも知れません。

ここで注意をしなくてはいけないのは、一般にも聞くような有名ブランド品以外の場合、ほとんどお金にならないということです。
ブランド品は、そのブランドだからこそ価値があります。商品自体の質や利便性などはあまり関係ありません。新品に近いような状態でも、全く聞いたことがないような無名な商品は、場合によっては買取さえしてもらえないこともあるので、この点には留意してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です